自主調査結果・文献

第2回アクティブシニアのニーズ調査 調査結果

全国男女50歳以上対象 インターネット調査 n=577
2007年3月 DreamCareマーケティングチーム

●2007年に購入予定のものは、「液晶テレビ」が男性60才以上でトップとなり、男性50〜59才でも3位にランクインした。「パソコン」は男性50〜59才でトップとなり、男性60才以上の購入意向も高い。男性50〜59才は現役世代が多い為か、「スーツ・ジャケット」が2位に入った。女性は両年代で「洋服・衣類」が1位、「スーツ・ジャケット」が2位、「バック」が3位となり、上位3カテゴリーの順位は全く同じである。
●昨年と比較して「液晶テレビ」の購入意向は男女共に増加している。また、男性は50〜59才で「スーツ・ジャケット」の購入予定者が大きく増加した。
●男女50代と男女60才以上の両世代に大きな違いは見られなかった。
●但し、男女50代は男女60才以上に比べ「洋服・衣類」や「スーツ・ジャケット」の回答率が高く、現役世代が多い為かおしゃれに気を使う機会が多いと考えられる。逆に「デジタルカメラ」や「デジタル一眼レフカメラ」は男女60才以上の購入予定者が多いことがトピックといえる。


●2007年に欲しいものは「液晶テレビ」がどの世代でもトップ。また「ノートパソコン」の人気も高い。男性60才以上では「デジタル一眼レフカメラ」が2位にランクインした。女性60才以上で「ドラム式洗濯・乾燥機」が3位にランクインした。


●今年節約・倹約・買い控えしそうなものとして、どの世代でも「外食費」が最も多く挙げられている。男女50〜59才で「レジャー費」が2位に挙げられた。
●男女60才以上の層では各項目に対する回答が男女50〜59才に比べ低く、倹約意識は50代に比べてやや低いようである。60才以上の世代の方がゆとりを持って暮らしているようである。
●「レジャー費」「国内旅行」などといった項目では、60才以上で節約・倹約・買い控えすると回答した人が50〜59才と比べ少ない。

調査項目一覧 詳細結果はこちらよりご覧ください
※アクティブシニアの好きなスポーツ選手は近日公開予定です。
 コーナートップへもどる
 BACK NEXT 
© copyright Dream Care project, All Rights Reserved.