無担保

無担保ビジネスローンについて知ろう!

投稿日:2020年2月15日 更新日:

新規事業を立ち上げる際、ある程度まとまった資金が必要となりますよね。

しかし、銀行からの融資を得られずに困る企業が多いです。

そこでおすすめなのが、無担保ビジネスローンです。

実績のない新規企業にとって無担保ビジネスローンは強い味方になります。

 

無担保のビジネスローンって何?

借り入れる際に担保を必要としないことを無担保と言います。

基本的に無担保では銀行から融資を受けることはできません。

万一債務者が返済できなくなった場合、債権者にとっては大きな損失となります。

債権者が損害を受けるのを避けるために、債権者に対して債務者が事前に提供するものが担保です。

 

ビジネスローンと銀行融資の違い

銀行から融資を受ける際には決算書などの書類を事前に提出して審査を受けます。

審査に時間がかかるため、申し込んでから融資を実行するまでに数か月必要です。

また、審査が厳しいため、審査に通過せず融資を受けられない企業も多くあります。

一方、ビジネスローンの場合は基本的に担保が不要です。

担保が不要というメリットはありますが、借り入れ限度額の制限があったり、金利が高かったりするデメリットもあります。

担保がある場合よりも無担保のローンの場合は、返済が滞ると早めの返済を求められるため、確実な返済計画が必要です。

 

無担保のビジネスローン

無担保のビジネスローンを提供しているのは、消費者金融やクレジットカード会社です。

銀行が提供しているケースもあります。

無担保ビジネスローンと一口に言っても、特徴は様々なので把握しておく必要があります。

 

民間企業によるビジネスローン

民間企業は消費者金融やクレジットカード会社ですが、基本的にビジネスローンの場合、無担保で借り入れをすることができます。

銀行融資よりも審査に通りやすいですし、申し込みから融資までの期間も短いです。

しかし、金利が高めになっているので注意が必要です。

 

銀行と会計ソフトによるビジネスローン

銀行と会計ソフトが提供するビジネスローンもあります。

データや決算書が会計ソフトに蓄積されており、それを元にビジネスローンの申請をします。

利用者としては、普段使っている会計ソフトが提供しているサービスなので使いやすいでしょう。

無担保で借り入れることができます。

 

無担保のビジネスローンを利用しよう

無担保のビジネスローンは審査までの時間が短いため、緊急で資金が必要な場合に有用です。

しかし、金利が高いなどのデメリットもあるため、事前に返済計画を立てることが大切です。

-無担保

執筆者: