ビジネスローン借り換えの注意点を知っておこう!

借り換え

ビジネスローンを借り換えるにはいくつか注意点があります。

注意点を知らずに借り換えをすると、借り換えができなくなったり、最悪の場合資産が失われたりするリスクがあります。

ビジネスローンの借り換えを行う際に非常に重要な情報がありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ビジネスローン借り換えの注意点

ビジネスローンの借り換えには様々な注意点があります。

 

  • 借り換え申し込み時に「借り換え」であることを伝える
  • 担保が必要なローンへの借り換えは高リスク

 

借り換え申し込み時に「借り換え」であることを伝える

ビジネスローンの借り換えを申し込む際は、「借り換え」であることを借り換え先に伝えることが大切です。

借り換えであることが借り換え先に伝わっていないと、他社から借りているという情報により返済能力を疑われる可能性があります。

審査に影響するので注意が必要です。

特に実績の少ない企業は資金の目的を明確にしておくことが大切なのです。

また、借り換えであることが伝わっていないと、融資枠が減少する可能性があります。

 

担保が必要なローンへの借り換えは高リスク

ビジネスローンは基本的に無担保なので、金利が高めです。

担保が必要なローンは金利が低いですし、審査も通りやすいので、借り換え先として魅力的に感じられます。

担保が必要なローンとしては、売掛債権担保ローン、不動産担保ローン、証券担保ローンなどがあります。

担保が必要なローンの場合、返済が厳しくなった際に担保を失うこととなります。

最も分かりやすいのは不動産担保ローンです。

万一返済が滞った場合、担保である不動産を失うこととなります。

担保によっては、企業が致命的な状況になる可能性があるので注意が必要です。

担保が必要なローンへの借り換えは、金利の低さに惹かれてついつい軽率に行ってしまいがちですが、担保を失うリスクについても考慮する必要があります。

 

借り換えをする際は、注意事項を確認しておこう!

借り換えをすることで金利が低くなったり、返済額が小さくなったりするので、多くの企業が魅力的に感じます。

しかし、借り換えにはリスクがあることも知っておく必要があります。

借り換え先に、借り換えであることを伝える、有担保ローンへの借り換えにはリスクがあることを考慮するなどし、安心して借り換えが利用できると良いですね。