事業ローンの返済方法を把握しておこう!

事業ローンは文字通り事業者のためのローンです。

事業ローンは早めの返済が求められますが、返済方法は様々です。

事業ローンを利用する際は、あらかじめ返済方法についても知っておく必要があります。

事業ローンの返済方法について詳しく解説します。

資金繰りについてはこのページでも取り扱っています。

 

事業ローンの返済方法

事業ローンの返済方法には大きく分けて元本一括返済方式、元利均等返済、残高スライドリボルビング返済の3種類があります。

 

元本一括返済方式

元本一括返済方式は、定められた借り入れ期間の最終日に一括で元本を返済する方法です。

最終日に一括で返済するため、月々の返済としては利息のみとなります。

元本一括返済方式を利用すると、月々の返済負担を最小限に抑えることができます。

月々の返済負担が減るので魅力的に感じられますが、最終日はまとまった金額が必要です。

計画的に資金を準備しておく必要があります。

 

元利均等返済

元利均等返済は、元金と金利を合わせ、毎月一定額返済する方法です。返済が完了するまで、毎月支払いを続ける必要があります。

元本一括返済方式の場合は一定の日に高額な費用が必要なので、計画が立てにくいですが、元利均等返済の場合は、月々の返済額が一定なので、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

毎月のコストも計算しやすいです。

 

残高スライドリボルビング返済

残高スライドリボルビング返済は事業ローンのみならず、一般的にも利用されています。

月々の返済額が、借り入れ残高によって異なるというのが特徴です。

例えば、借り入れ残高が50万円~100万円以下の場合は月々の返済額が2万円、借り入れ残高が100万円~200万円以下の場合は月々の返済額が3万円というように、返済額が変動します。

借り入れ残高が少なくなるにつれて、月々の返済額が少なくなるというのが魅力です。

しかし、月々の返済負担を減らせるというメリットがある一方で、返済までの期間が長くなりがちです。

返済シミュレーションを立てておくことが大切です。

 

事業ローンを利用する際は返済方法を確認しておこう!

事業ローンは事業者にとって必要不可欠なものですが、早めの返済を求められるので、あらかじめ返済方法を確認しておく必要があります。

最適な返済方法を選ぶことで、返済負担を抑えることができるでしょう。